夏も元気に|清涼飲料水の摂取で夏バテ!?

夏の疲れが溜まっていませんか?

 夏の暑さが続くと、暑さに体が負けて、「疲れがとれない」状況が続くことがあります。これが、夏バテです。気温、湿度などの自然要因だけでなく、生活習慣や室内外の極端な温度差(エアコンなど)による体力の消耗も大きな原因です。

夏バテの原因

疲れたら無理せず、しっかりと休養を摂りましょう

糖分の多い清涼飲料水に注意

 暑いときは、冷たく甘いものがほしくなります。しかし、糖分の多い清涼飲料水をガブ飲みしても疲れは取れません。逆に、疲れやすくなってしまいます。
ビタミンB不足が原因です
 ビタミンBは、糖質をエネルギーに変える時に必要な栄養素です(汗と一緒に失われる成分でもあるので、夏場に不足しがちです)。糖質を過剰に摂取すると、ビタミンBが不足し、糖質をエネルギーに変えることができません。
 処理できなくなった糖質は、疲労物質として体に溜まってしまいます。清涼飲料水などの摂取量には、十分な注意が必要です。
清涼飲料水の砂糖の量
※スティックシュガー(1本当たり 3g)で換算
種類容量本数
コーラ500mL18本
炭酸ジュースF500mL20本
乳酸菌飲料A500mL22本
スポーツドリンクP500mL11本
100%オレンジジュース250mL10本
缶コーヒー190mL3.5本

ニンニクでビタミンBを活性化

 ニンニクに含まれる成分は、ビタミンBの働きを活性化します。糖質からのエネルギーへの変換をスムーズにします。すなわち、エネルギーサイクルが改善しますので、疲労を溜まりにくくしてくれます。
 その他にも、自律神経を整える作用、胃腸の機能を整える作用など、夏に衰えがちな機能を正常化します。

サプリメントで夏に負けない力を手に入れよう

 サプリメントには、臭いを抑え、ニンニクを凝縮させたエキスが使用されています。
  • 気になる臭いを全く感じない製品もあります。仕事のある方、女性の方でも安心してご利用いただけます。

夏バテの症状がいつもと違うと感じたら、医師とご相談ください

ごくまれに、貧血、肝機能障害、胃がんなどの症状が隠れている場合があります。


健康ガイド 金盛 俊介                 
(薬理研究、登録販売者、健康管理士など)   
2012.06.26
カテゴリ: